"古寺とお城の旅日記"の記事一覧

アメリカ人禅僧 トーマス・カーシュナー師とめぐる臨川寺と天龍寺の特別拝観【篩月亭 編】へ

11時45分に法堂を出たら、その前に集合して次ぎに、天龍寺の精進料理「篩月」に向かいます。ただ一般と違い、団体専用の友雲庵(ゆううんあん)から入りましたが、ここから入るのは初めてです。 門を入ると正面に式台がありましたが、そこを通過して庫裏から参加者全員で入りました。ここは天龍寺の研究棟である精耕館(天龍寺国際宗教哲学研究所)と隣…

続きを読むread more

アメリカ人禅僧 トーマス・カーシュナー師とめぐる臨川寺と天龍寺の特別拝観【臨川寺 編】へ

4月24日(日)は待ち遠しく以前から楽しみにしていた日でした。以前も説明しましたが、今年は、臨済宗を開かれた臨済義玄禅師の1150年遠諱、ならびに日本臨済宗中興祖である白隠慧鶴禅師の250年遠諱にあたり、それを記念して「春の京都禅寺一斉拝観」を実施されています。 そして、その記念事業の一環として、霊亀山 臨川寺が20年ぶりに公開さ…

続きを読むread more

嵐山 大井神社へ

久し振りの再開です。退院してから2週間以上もたち、職場にも復帰しましたが、足の回復状況は・・・まだまだです。早朝30分のウォーキングで汗を流していますが・・・。また、術後の肩の状態は、少しづつ動くようになってきましたが、焦らずリハビリに努めています。 さて、季節は4月24日(日)に遡ります。この日は天龍寺のイベントがあって、随分前…

続きを読むread more

退院しました

入院時には、ツツジが咲いてたのに帰りの車から見る風景は、サツキやアジサイが咲いてました。約1ケ月の入院生活は長かったです。当面は、リハビリを頑張って体を元に戻し、またブログを再開したいと思っています。時間は、かかりそうですが、復活まで今しばらくお待ち下さい。

続きを読むread more

お知らせ

諸般の事情により、当分の間「新規」の更新はありません。と言うよりできなくなりました。皆さまへの訪問も日々は体力的に難しいですけど、不定期にて訪問させてもらいます、 復活は、6月中頃を予定しています。よろしくお願いします。

続きを読むread more

これから手術を受けます

5月12日(木)7時30分・・・これから手術を受けます。全身麻酔初体験 恐いです。生きて帰ってきたら追記します。 そして・・・術後5時間後ようやくブログを書いています。 5月12日(木)の朝は8時に病室に待機でしたが実際は9時ほんの前に手術室に降りました。手術室は地下1階にあって、自分で歩いて向かいます。エレベーターの中は…

続きを読むread more

平成28年 春の京都禅寺一斉拝観 妙心寺塔頭 大雄院へ

JR「花園」駅から歩いて妙心寺の境内に入り、石畳を進んで行きます。そして、時計の針が9時になろうとした時、ある寺院の前には4名から5名ほどの人が開門を待っておられました。それを横目で見ながら、私は桂春院に行き、再びある寺院に戻ってきのが9時12分でした。 その寺院とは、通常非公開の平成28年 春の京都禅寺一斉拝観 妙心寺塔頭 大雄…

続きを読むread more

平成28年 春の京都禅寺一斉拝観 妙心寺塔頭 桂春院へ

4月20日(水)に訪れた妙心寺を再び4月23日(土)に訪れたました。平成28年 春の京都禅寺一斉拝観で、通常非公開寺院の訪問が目的ですが、その寺院は原則、金・土・日での公開のため20日(水)では開いてなかったからです。(それなら金曜日に行ったら一回で済んだのにね、しかし、どうしても休めない仕事があったので) その寺院に行く前、先に…

続きを読むread more

平成28年 春の京都禅寺一斉拝観 妙心寺塔頭 大法院へ

妙心寺塔頭 大心院から慧照院に行き、この日最後の訪問寺院は、平成28年 春の京都禅寺一斉拝観 妙心寺塔頭 大法院です。 ここは通常非公開ですが、春と秋には定期的に公開されるので特別感はありません。2011年10月以来来てないのと、今年のNHK大河ドラマ「真田丸」で主人公の真田家ゆかりの寺院でもあることから、寄ってみることにしました…

続きを読むread more

平成28年 春の京都禅寺一斉拝観 妙心寺塔頭 慧照院へ

通常拝観している大心院を出て今来た道を戻り、花園会館まで行きます。その向かいにあるのが、平成28年 春の京都禅寺一斉拝観 妙心寺塔頭 慧照院(えしょういん)です。 ここは通常非公開で、4月20日(水)から23日(金)の公開でした。通年、この3日間に限って予約電話を入れると拝観は可能とされてましたが、先方に電話を入れるのも面倒という…

続きを読むread more