"洛北 西賀茂~鷹峯~京北周辺"の記事一覧

サツキ咲く庭園に比叡山を望む 正伝寺へ

常照寺の駐車場を出て、西に進み突き当たりのを南に下がって行きます。暫く住宅街を約1㎞行くと前方に紫竹西通りの信号機があるので、左折し、この先ずっと紫竹西通りを北に向いて車を走らせます。約900㍍ほど北に向いて走っいると目印の案内版が出ているので左折、そして児童公園の西側を通りを進むと、目的地の案内が出ているので、その通りに進むと今日の最…

続きを読むread more

天下随一希代の太夫と謳われた吉野太夫ゆかりの常照寺へ

鷹峯 光悦寺を出て、ほぼ向かいの源光庵に行くつもりでしでしたが、2019(令和元年)年6月1日より庫裏改修工事のため、拝観を休止されており今は入れません。拝観再開は来年の春頃だそうで、事前に調べて知ってました。それで、同じ鷹峯にある桜や紅葉の名所である常照寺に行こうと思い、車を走らせ約3分、9時38分に着きました。 常照寺には、2…

続きを読むread more

梅雨の晴れ間 新緑が美しい鷹峯 光悦寺へ

今年は例年になく早い梅雨入りで、平年より21日も早かったです。5月16日に入りましたが、その週はほぼ雨降りで、週末にようやく晴れてきました。5月25日(火)の予報は晴れてでしたが、黄砂の襲来を予測していました。なお、日曜日は晴れましたが、昨日は午後から雨降りでした。 貴重な梅雨の晴れ間でしたので、2014年(平成26年)11月23…

続きを読むread more

平安建都、戊辰戦争にゆかりの社 延喜式内社 山國神社へ

山國護國神社を出て、直ぐの所に本来の目的地である山國神社がありました。これで当初の違和感が晴れてスッキリ、友人が先の神社「山國護國神社と書いてあったで」と言われ、間違いに気づきました。 9時45分に着きました。この風景が事前に調べていたものです。ここまで連れて来て貰った友人に感謝ですね。 ここには駒札があって、この 山國神社…

続きを読むread more

京都市右京区京北町 山國護國神社へ

当初の予定では、愛宕山登山のあとは、昼頃に自宅へ送り届けて貰う予定でした。私もそのつもりで家を出ましたが、まだ昼前には時間的に余裕があるので、以前から行って見たいと思っていた、京都市右京区京北町にある「山國神社に行かないか?」と誘ったところ、「行きましょう」と言う話になって、車は京北町に入って来た訳です。京北町は、2005年(平成17年…

続きを読むread more

賀陽宮家の信仰が篤かった石井神社へ

再び白川通から北山通りに入って、京都府立植物園の北山門を通過、鴨川も渡った最初の信号を右折すると、西北角にファミリーマート北山通小山元町店があるので、そこに車を止めました。 そこで、その日の昼食を買ってから、そこから数歩の石井神社に行きました。 ここには10時51分に着きました。この日は、この前で工事をされてたので少々騒がし…

続きを読むread more

桓武天皇が都の四方に守護神とした西賀茂 大将軍神社へ

久我神社から当初の予定(京都府立植物園の後で訪問)では、子供の頃に一度来ている「大宮交通公園」のコインパーキングに車を入れ、そこから10分ぐらい歩いて向かうことにしてました。しかしまだ7時前だし、直接向かうことにして西賀茂 大将軍神社の前までやって来ました。 西側の鳥居前に車を止めて境内に入りました。周りは住宅街ですが、ここから先…

続きを読むread more

賀茂別雷神社(上賀茂神社)の境外摂社 久我神社へ

京都府立植物園で「朝顔展」に行った時、開園の15分前に着きそうになったため、「朝顔展」の後に行く予定を先に行くことにしました。最初は、賀茂別雷神社(上賀茂神社)の境外摂社の久我神社です。 久我神社には、6時50分頃に着き、境内の西側にある鳥居から境内に入りました。ここは次ぎに訪れる神社を調べてて見つけた所です。 境内が駐車場…

続きを読むread more

紅葉の名所 鷹ケ峰 源光庵 春の風景へ

常照寺から車に戻らず、直ぐ近くの鷹ケ峰 源光庵に行くことにしました。源光庵にも大きな駐車場はありますが、歩いて行くことを選択。2分もかからず山門前に着きました。 ここ源光庵は、京都で屈しの紅葉の名所です。2014年には「早朝特別拝観」で訪れました。その時は多くの人で賑わいましたが・・・さて、今日は・・・。 そのまま進むと、次…

続きを読むread more

吉野太夫ゆかりの鷹ケ峰 常照寺へ

西陣の立本寺を9時45分に出て北に向かって車を走らせ、鷹ケ峰の常照寺には10時過ぎに到着しました。ほぼ予定どおりです。 車は常照寺の駐車場に止めます。結構広い駐車場に数台止まっていました。常照寺は春は桜、秋は紅葉の名所で知られていますが、私は初めて来ました。 鷹ケ峰の光悦寺や源光庵には何度か来ましたが、不思議とここには来れて…

続きを読むread more