"洛中 北野天満宮周辺"の記事一覧

北野天満宮「青もみじ」史跡御土居公開へ

「公益財団法人 京都市文化観光資源保護財団」の会員限定のイベントである「北野天満宮 宝物殿ともみじ苑ご招待」で、招待券をいただいてました。使える期間は、5月1日(水)~5月31日(金)でしたので、5月15日(水)に行って来ました。 北野天満宮 史跡御土居 青もみじ苑の公開時期は、4月6日(土)~6月30日(日)で、拝観料は500円…

続きを読むread more

北野天満宮 梅苑「花の庭」公開へ

北野天満宮 梅苑「花の庭」に最近では、2019年(平成31年)3月8日に見頃でした。2022年(令和4年)2月18日に行った時は早咲きの梅が咲いてました。今年は2月27日(火)です。やっぱり温暖化で見頃が早かったですね。 9時に受付開始され、入苑料は1200円でした。2017年(平成29年)は700円、2019年(平成31年)は8…

続きを読むread more

北野天満宮境内の梅の花

2月26日(火)は当初から、北野天満宮 梅苑「花の庭」の公開へ行くことにしてました。一週間前から週間天気予報は気にしてましたが、晴れでした。その晴れも段々怪しくなってきて、それでも前日は曇りと変わりました。そして、当日は朝から雪や雨が降ってる生憎の天候となったのと、なにより寒かったです。真冬に逆戻りしたような、一週間前には5月頃の気温ま…

続きを読むread more

「花山天皇 紙屋川上陵」へ

NHK大河ドラマ「光る君へ」で、本郷奏多さん演じる花山天皇が17歳で第65代天皇して即位されました。花山天皇は、西国三十三ヵ所観音巡礼を再興されたので、西国三十三ヵ所観音巡礼を四回回った私は、そのことで知ってました。今回、花山天皇 紙屋川上陵を調べていると、わら天神宮近くの住宅街にありました。そこで、2月9日(金)に、この辺りに用事があ…

続きを読むread more

北野天満宮「史跡御土居のもみじ苑」へ

北野天満宮「史跡御土居のもみじ苑」では、TwitterやInstagramで、紙屋川沿いの山吹が見頃と発信されました。何度か青モミジの時に来てますが、山吹は知らなかったので、前日の雨も上がったことから4月17日(月)に、見て来ました。雨が上がったのは、今朝の8時頃でしたが、このあと晴れてくるとの予報が出ていた天気予報を信じ、出掛けたわけ…

続きを読むread more

枝垂れ桜が満開となった立本寺へ

3月22日(水)は、WBCの決勝戦(ローンデポ・パーク)の日でした。午前8時の試合開始でしたが、私は通院日ということで、病院の待合室にいました。3ケ月毎に行っているので、たまたま予約した日が、まさか決勝戦の日。ただ、個人的には、野球にあまり興味が無いのも事実です。ただ結果は、少しだけですが気になってました。私が行ってる病院にはテレビがあ…

続きを読むread more

七夕飾りの北野天満宮へ

あとで詳しく述べますが、8月9日(火)に家族が新型コロナウイルスの感染を確認されましたが、私は保健所の指示で濃厚接触者に当たらないとされました。私自身何の症状も出てないこともあって8月12日(金)に、千本釈迦堂の「六道まいり」に行くため、北野天満宮の駐車場に車を7時57分に止めました。 駐車場はお盆に入りましたが、ガラガラです。千…

続きを読むread more

北野天満宮「史跡御土居 青もみじ苑」特別公開へ

わら天神宮を出て、次に北野天満宮「史跡御土居 青もみじ苑」特別公開に行きました。駐車場を出る時に「北野天満宮に行ったことがあるか?」尋ねると「行ったことが無い」と聞いたからで、ここから帰る予定を変更し、駐車場を出ると、東向きの西大路通りに出て南下します。そして北野白梅町の交差点を左折し今出川通りに入り、北野天満宮 一の鳥居の横から駐車場…

続きを読むread more

お礼参りに「わら天神宮」へ

5月20日(木)は、東京の家族がわら天神宮で御守りを返したいと言うので、連れて行きました。昨日一乗寺を巡って脚が疲れていたんですが、駐車場が分からないと言うので仕方ないです。 9時過ぎに泊まっているホテルに迎えに行き、わら天神宮の駐車場に9時15分頃に入れました。この日の目的は2021年(令和3年)9月19日に訪れて、その時に御守…

続きを読むread more

「花の庭」を整備された北野天満宮 梅苑へ

2月18日(金)は通院日で、終わり次第向かったのが北野天満宮でした。梅の名所で知られ、毎年1月下旬から3月中旬頃まで「梅苑」が公開されます。そして、今年から京都洛中の名庭『雪月花の三庭苑』のひとつ、北野天満宮『花の庭』として新たに再興されました。梅の見頃は少し早いのは分かってましたが、その新たな庭を見に来た訳です。 病院の診察が早…

続きを読むread more