"洛中 西陣~相国寺周辺"の記事一覧

京つけもの処 近為 京都本店へ

天㐂(てんき)さんで食事しているとき、この近くに京漬物の名店「近為」さんがあるので、「行ってみる?」と尋ねたところ、「行きたい」と答えが返って来たので行くことになりました。場所は、天㐂さんから歩いて2分ぐらいの千本通り沿いにあります。 京つけもの処 近為 京都本店には、初めてきました。ただ亀岡工場直売所には、2021年(令和3年)…

続きを読むread more

西陣のてんぷらの名店 天㐂(てんき)へ

7月17日(日)は、16日(土)からの三連休を利用して京都に帰ってきた東京の家族と会食しました。地元嵐山の名店は予約を取れず、他もいろいろ探した結果、西陣のてんぷらの名店 天㐂(てんき)さんを予約取れました。 当日、東京の家族はタクシーを利用。我が家は車で向かいました。駐車場は、先にお店に声を掛け、その方が駐車場まで案内してもらま…

続きを読むread more

大本山 妙顕寺「秋の特別公開」へ

宝鏡寺、茶ろん俵屋と行き、最後は大本山 妙顕寺「秋の特別公開」に行きました。 大本山 妙顕寺の紅葉も、2017年(平成29年)11月16日に「夜間拝観」で初めて行き、2018年(平成30年)11月30日と2019年(令和元年)11月18日と3年続けて来てました。ただ、昨年はコロナ禍で中止されたので、2年振りの訪問です。 10…

続きを読むread more

俵屋吉富 小川店「茶ろん俵屋」へ

早朝に車折神社に行き、所用がすませたあと旧百々御所 宝鏡寺門跡「令和3年度 秋の人形展」に行き、綺麗な紅葉が見られました。 宝鏡寺を出て、寺之内通り沿いでも、庭園内の見事な紅葉が見られます。ここは外から紅葉が見えるので、確認してから入れば良いでしょうね。 宝鏡寺を出て、次に紅葉が見られるのが妙顕寺と妙覺寺ですが、妙覺寺は紅葉…

続きを読むread more

旧百々御所 宝鏡寺門跡「令和3年度 秋の人形展」へ

11月5日(金)は、通院日で診察が終わってから、長らく来て無かった旧百々御所 宝鏡寺門跡「令和3年度 秋の人形展」に行くつもりで病院から歩いて向かいました。地図で計算すると約3㌔弱で、40分もかからず行けるだろうと思っていたんですが・・・9時10分頃に出発したんですが、着いたのが10時前・・・開門ギリギリでした。目的地まで迷わずに歩いた…

続きを読むread more

平安宮朝堂院 大極殿跡へ

昨日、「虎屋菓寮 京都一条店」からの帰りに、車で千本通りを南下し丸太町通りの手前にさしかかったときに、とある石碑を見ました。信号待ちのためそんなにマジマジと見られませんでしたが、そこにあった文字は読み取れました。その翌日に、所用でこの近辺に行ったついでに、この石碑の謎を見に行きました。 千本丸太町を上がった西側に、この石碑はありま…

続きを読むread more

水火天満宮の枝垂れ桜

上賀茂神社を出て、堀川通りを南下します。北山通り、北大路通り、紫明通りを通過すると左手に「扇町(天神)公園」が見えるので、そこを左折し公園前に車を止めて向かったのが「水火天満宮」です。過去、2016年(平成28年)9月と2019年(令和元年)11月の二度来てますが、桜の時期に来るのは初めてです。 9時28分に着きました。児童公園か…

続きを読むread more

「茶の湯 禅と数奇」承天閣美術館へ

本満寺から相国寺に寄った理由は、承天閣美術館に行くことでした。ここでは「茶の湯 禅と数奇」と題して10月5日(土)~12月22日(日)まで開催されてました。 開山堂を出て、真っ直ぐ北に上がり、庫裏の横から入ります。承天閣美術館は、2017年(平成29年)3月18日の「伊藤若冲展」以来です。 承天閣美術館に至る参道は、紅葉が見…

続きを読むread more

相国寺「秋期特別公開」へ

本満寺を出て、寺町通りから上立売通りを左折し西に進むと、相国寺東門に出るので、そこから相国寺の境内を沿いに北に進み、最初の通りを左折し西に進むと、以前利用したことがあるコインパーキングがあるので、そこに車を止めました。 車は10時28分に入れました。そこから相国寺の北門から境内に入ります。今日の目的は相国寺じゃなくて・・・。 …

続きを読むread more

まるごと美術館 妙覺寺へ

水火天満宮を出て、次に紅葉の綺麗な、妙覺寺です。私が訪れたあと11月末にはテレビでも取り上げられていました。こちらもまるごと美術館の作品が出展されてます。 12時14分に「大門」前に戻って来ました。最初名に車を止めたのは、この妙覺寺前でした。 ここには2016年(平成28年)11月の「法姿園ライトアップ」、2017年(平成2…

続きを読むread more