"洛西 天龍寺~鹿王院・車折神社・嵯峨野周辺"の記事一覧

車折神社の雪景色

1月24日(水)の最低気温が-1.3℃、25日(木)の最低気温が-0.5℃と二日続けて氷点下を記録するほど、今季最強の寒波は関西64地点中、50地点が冬日(日最低気温が0℃未満の日)を記録するほどでした。ただ昨年の同年同月の大雪に比べたら、積雪は京都1㌢でしたね。参考までに、京都府の積雪は、20時現在で、舞鶴市で46㌢、京丹後市峰山40…

続きを読むread more

鹿王院「夜間特別拝観」へ

11月29日(水)は、3年振りに開催された鹿王院「夜間特別拝観」に行きました。仕事をリタイヤしてから夜の拝観に出掛けたのは、2021年(令和3年)10月20日の妙心寺塔頭 東林院 秋の夜間拝観「梵燈のあかりに親しむ会」と2021年(令和3年)11月22日に天龍寺塔頭 宝厳院の「秋の夜間特別拝観」だけです。それほど夜は苦手なんですけど、こ…

続きを読むread more

天龍寺塔頭 壽寧院の紅葉

天龍寺塔頭 宝厳院の紅葉を見た後、天龍寺の境内を歩きました。先に述べましたが、まぁびっくりするぐらい観光バスが止まっています。それに一般の車も入って来るし、人も多いので注意しながら歩かないと危ないですね。紅葉の時期には天龍寺境内は通らない方が良いかと思います。その境内を歩いていると赤の鮮やかな紅葉がありました。それが天龍寺塔頭 壽寧院で…

続きを読むread more

嵐山で屈しの紅葉の名所「天龍寺塔頭 宝厳院」へ

11月27日(月)は、朝から天気は良かったです。ただし予報では昼から雲ってきて夕方には一雨ありそうなことを予報士さんは言ってました。私は、毎月行ってるクリニックで、血液検査を受けるため朝食抜きで行きました。ただ空いていたので、終わり次第、小走りで直ぐに嵐電に乗り込み嵐山へ。普段は1両編成ですが、紅葉の時期は2両編成で来ました。ただ車内は…

続きを読むread more

舎利殿が修復された紅葉の名所 鹿王院へ

11月24日(金)は、23日~26日(日)にかけて通常非公開の光清寺の特別公開に行く予定にしてました。拝観開始が10時からで、所用が終わってから京都バスに乗って、丸太町七本松バス停で降り、そこから歩いて向かうつもりでしたが?。 所用先からバスに乗るつもりしてました。所用も早く終わり予定していたバスに余裕で間に合いそう・・・と思いき…

続きを読むread more

車折神社の紅葉

車折神社には何度か足を運んで紅葉を見て来ました。色づき始めから見頃まで。 最初は11月18日(土)の車折神社「北門」の模様です。少しだけ色づいてきました。 次が11月21日(火)です。早朝に見事な紅葉を天龍寺曹源池庭園で見た日です。この日は用事があったので、天龍寺から嵐電に乗って車折神社に向かいました。 嵐電「車折神社…

続きを読むread more

世界文化遺産 天龍寺「曹源池庭園」の紅葉

11月20日(月)は、妙心寺大法院の紅葉を見に行きました。ただ雨が降って少々寒かったです。そして雨が降ったあとに高気圧に覆われたため、翌日の11月21日(火)の朝は、放射冷却が効いて、今季最低の4.8℃となり、関西では滋賀県信楽で氷点下となるほどでした。 今年の紅葉は遅れ気味で、そして色が悪いと私自身は思っています。ただ毎年行って…

続きを読むread more

「秋海棠」「紫式部」「雁金草」咲く天龍寺曹源池庭園へ

今年の秋の彼岸は、9月20日(水)~26日(火)でした。私は、9月22日(金)に先祖の墓参りに行き、その墓参の前に世界文化遺産 臨済宗大本山 天龍寺 に行き、曹源池庭園に入りました。 昨日の17時頃に京都を寒冷前線が通過しました。この雨を境に空気が入れ替わると聞いてましたが、まだ朝は暑かったです。ただ、吹きふける風は熱風から、涼し…

続きを読むread more

台風7号が接近するなか車折神社へ

お盆に入った8月14日(月)は、台風7号が自転車並みのスピードで紀伊半島に近づきつつありました。台風の進路予想を診ると、京都市に真っ直ぐ進んで来るようになっています。予報円も小さくなりつつあって、これは強い台風7号の暴風雨は避けられないかと観念?するしか・・・。この日は、菩提寺の副住職さんが、檀家である我が家に来られて「棚経(たなぎょう…

続きを読むread more

「施餓鬼供養」天龍寺塔頭 三秀院へ

8月4日(金)の最低気温は、27.7℃と2週間連続の猛暑日と、記録的な高温が続いており、朝の気温も下がらなくなりました。毎年、天龍寺塔頭三秀院では、この日に施餓鬼供養を営まれますが、ここ最近にないくらい暑い施餓鬼となりそうです。 本堂での法要は10時30分から、その前に受付が8時頃からされます。副住職さんを始め僧侶の方が、8時30…

続きを読むread more