"洛西 清涼寺~奥嵯峨~高雄~清滝~愛宕山周辺"の記事一覧

真夏の常寂光寺へ

小倉池の蓮を見た後、常寂光寺「花蓮展」に行ってみようと思い寄りました。ただ7月13日(水)に前を通ったときにあった看板「花蓮展」が今日はありません。散って閉まったのかなぁ・・・。 9時1分に「山門」前に着くと、ちょうど開門されたばかりでした。先客が1名先に入られたので、続いて私が入りました。 拝観料は500円で、お題目を2種…

続きを読むread more

竹林の小経から小倉池へ

天龍寺曹源池庭園「北門」を出たら、そこは竹林の小経です。コロナ禍前は、多くの外国人観光客が年中大挙押し寄せていた観光の名所です。 この時、8時52分でしたが、空いてました。平日でも、ここはいつも観光客が居るんですけどね。 朝から暑いし、ここから坂は急で、頑張って登ります。 ここで写真を撮られている観光客も居たので、急が…

続きを読むread more

嵐山から亀山公園、竹林の小経、そして小倉池を散歩

7月13日(水)は、天気予報が良かったのと朝方の最低気温が22.5℃と、比較的涼しいと感じたので、歩いて嵐山へ散歩に出掛けました。 渡月橋北詰から大堰川沿いを上流に向かって歩いて行き亀山公園の入口までやって来ました。 今日は頑張って頂上展望台まで、登ります。 早朝の涼しい時間帯とはいえ最後の石段はしんどかったです。 …

続きを読むread more

青モミジを見に宝筐院へ

6月9日(木)は所用があって、終わり次第近くの宝筐院に行ってみました。ここは紅葉の名所で有名ですが、それ以外は多分・・・空いてます( ^_^)。 10時9分に「山門」前に着きました。 山門を入ると自販機で拝観券を買います。拝観料は500円でした。自販機からチケットが出てくるので、お寺の方にチケットを渡すと、庭園入口のドアのロ…

続きを読むread more

京都屈指に紅葉の名所にも桜咲く 二尊院へ

祇王寺かでは誰も入って来られ無かったので、出てくるまで一人でした。次に行く二尊院では、多分人が多いかなぁ・・・と思い愛宕街道を下って行きます。 祇王寺から約6分で、二尊院の「総門」前に9時24分に着きました。 二尊院の桜は、2020年(令和2年)3月27日に来てますが、雨が降ってて咲き具合もイマイチだったので、桜の時期に再訪…

続きを読むread more

奥嵯峨にある平家物語ゆかりの祇王寺へ

4月8日(金)は、二尊院の桜を見に行こうと思い家を出て、途中の清涼寺(嵯峨釈迦堂)境内の桜を見てから、愛宕街道を緩やかに登って行くと、二尊院前に8時55分に着きました。まだ開門まで5分もあるので、そこから再び愛宕街道を登って行き、向かったのが紅葉で有名な祇王寺で、9時少し前に着きました。 二尊院も紅葉で有名ですが桜でも知られていま…

続きを読むread more

冬枯れの常寂光寺へ

この日の散歩の最後は、常寂光寺に行きました。ここは眺望を見るには、かなりの石段を登る必要があるので、最後に選んだ訳です。 9時34分に「山門」前に着きました。京都屈指の紅葉の名所も、今はすっかり紅葉は散ってしまいました。 山門を潜ると前方に「拝観受付所」があるので、拝観料500円を納めます。紅葉時には、開門前には行列ができま…

続きを読むread more

紅葉の源融の山荘 棲霞観跡に建つ清涼寺(嵯峨釈迦堂)へ

11月19日(金)は、夕方から宵にかけて約98%隠れる部分月食が見られた日でした。天気が良かったので、京都市内でもはっきり赤銅色の満月の姿が楽しめましたが、写真に撮るのは難しいですね。そんな晴天が続いた朝に、清涼寺(嵯峨釈迦堂)の紅葉を見に行きました。 朝に所用があったので、9時45分に清涼寺の「仁王門」から境内に入りました。 …

続きを読むread more

生前敵同士であった楠木正行と足利義詮の墓が並び立つ紅葉の名所 宝筐院へ

今日の朝に、妙心寺塔頭 大法院と法金剛院に行ったあと、14時45分頃に紅葉の名所である宝筐院に行きました。この時間なら人が少ないだろうと・・・予想して行った訳ではなく、この近くに所用があったので、ついでに寄って見たのが正解です。 宝筐院は、善入(ぜんにゅう)山と号する臨済宗の単立寺院。寺伝によると、平安時代に第72代白河天皇の勅願…

続きを読むread more

清涼寺(嵯峨釈迦堂)寺宝展へ

厭離庵を出て、愛宕街道を下って行くと、清涼寺(嵯峨釈迦堂)の西門まで来ました。この清涼寺の境内を横切って帰るつもりでしたが、急に思い立って、「清凉寺 霊宝館秋季特別公開」を見て行くことにしました。 西門を入って清涼寺の境内を撮りました。薬師寺と本堂が見えています。 西門近くにあるのが「狂言堂」で、2014年(平成26年)4月…

続きを読むread more