"洛南 山科(醍醐・随心院・勧修寺)~伏見周辺"の記事一覧

薩摩藩ゆかりの大黒寺へ

金札宮を出て、ほぼ向かいにあるのが大黒寺です。この春に、春季非公開寺院特別公開で内部が公開され、秘仏大黒天像、西郷隆盛と大久保利通の会談の間、薩摩九烈士ゆかりの遺品など見ることができました。 私は残念ながら、前途のとおり入院してしまったので行けませんでしたので、この大黒寺もリベンジのためやって来ました。ただ、今日はもちろん入れませ…

続きを読むread more

観阿弥の作 能の謡曲「金札」の舞台とった金札宮へ

10月9日(日)は、この日だけ京都浄土宗寺院大公開の寺院を巡りました。場所は伏見と西京極で、土地勘のある人なら随分離れていると思われるでしょう。 最初は、近鉄「丹波橋駅」で降りましたが、時間は9時前でした。その寺院は10時から公開ですので、まだ1時間もあります。最初、その寺院に行って写真撮影を済ませて置きますが、もちろん外観だけで…

続きを読むread more

伏見城ゆかりの山門が残る源空寺へ

賑やか大手筋商店街を暫く歩いて、少しだけ北に上がると右手に二層の鐘楼門が見えてきます。この日最後の訪問は、法然上人二十五霊場の第15番札所 源空寺(げんくうじ)です。 今日、最後の訪問と書きましたが、結果そうなってしまったので・・・実は、次ぎも行ったんですが・・・それは後程。 道路から少し奥まった所に二層の山門がありました。…

続きを読むread more

大手筋の妙見さん 本教寺へ

キザクラカッパカントリーの北門を出て、最初東に進んで最初の道を北に上がります。そしたら大手筋商店街に出ました。噂では聞いてましたが、すごく賑やかな商店街ですね大手筋は・・・そんな事を思い浮かべてたら5分ぐらいで“大手筋の妙見さん”で親しまれてる本教寺に着きました。 商店が建ち並ぶ中、少し奥まった所に鉄扉があって、その先の露地を進ん…

続きを読むread more

キザクラカッパカントリー 黄桜酒場へ

伏見夢百楽から歩いて2分ぐらいで本日昼食を予約している、キザクラカッパカントリー 黄桜酒場に着きました。 先程行ったのが月桂冠で、ここは黄桜です。特に工場見学なんかは、ここではされてませんが、お土産屋お食事をいただけるので春の特別公開時に行く予定にしてました。 前途のとおり体調を崩し入院してしまったので、行けずじまいでした。…

続きを読むread more

月桂冠旧本社 伏見夢百衆へ

寺田屋騒動の旧蹟から歩いて2分で着いてしまいました。そこには1919年(大正8年)建造の月桂冠旧本社で、現在は観光案内・喫茶・親牙販売をされてる伏見夢百衆がありました。 10時23分に着いたら、開店の準備をされていました。開いてるので聞いてみたら「準備中です」と言われたので、仕方ないので外で30分まで待つことにしたんです。 …

続きを読むread more

龍馬襲撃事件の旧跡 寺田屋へ

大蓮寺から歩いて2分ぐらいで、坂本龍馬ゆかりの寺田屋までやって来ました。時計は10時になってて、次に行く予定だった所の開店時間が10時30分でしたので、後30分ここで時間つぶしすることにしました。 寺田屋に入るのは2012年3月以来です。その頃に話題になってた寺田屋の真実についてですが、京都市の発表により1868年(慶応4年)鳥羽…

続きを読むread more

金井戸神社 (三栖神社御旅所)へ

長建寺を出ても、まだ9時11分でした。京都浄土宗寺院大公開の寺院は10時から門が開く予定でしたので、まだまだ時間があります。そこで予備に考えていた神社に向かうことにしました。 再び京阪「中書島駅」に戻るように歩いて行き、府道124号を西に進みます。そして宇治川支流の橋の手前まで来ると今度は少しだけ南に下がると鳥居が見えました。 …

続きを読むread more

「島の弁天さん」として親しまれてる伏見 長建寺へ

10月7日(金)は、この日しか公開されない京都浄土宗寺院 特別大公開の寺院があったので、伏見を散策しました。 先ずは京都駅から近鉄に乗って「丹波橋駅」まで急行に乗ります。そこで京阪電鉄「丹波橋駅」に乗換え特急で「中書島駅」で降りました。 「中書島」は、文字通り“島”だった所ですが、今は埋め立てられた以前のお目影は全くありませ…

続きを読むread more

藤森神社で駈馬神事観賞【後編】

藤森神社で駈馬神事観賞 中編の続きです。駈馬神事では、藤森神社駈馬保存会の方による解説アナウンスも場内に流れるため、どの技が分かる筈だったんですが、突然馬が疾走してきて・・・。 若い騎手が疾走していきました。技も無しに・・・。そしてアナウンスが入り、時期、駈馬神事の新人騎手さんのようでした。無事に本番で、疾走できました。 …

続きを読むread more