足腰の守護神 護王神社の黄葉

京都御所の参観を終え、「中立売休憩所」で、家族の弁当を買って、所用先に戻る途中に護王神社に寄りました。京都御所に向かう途中に護王神社を見ると、イチョウが綺麗に色づいていたので、寄るつもりで来ました。 京都御苑の中立売御門を出て、烏丸通りを下がります。途中に「御所西京都平安ホテル」の前を通りました。今年の6月30日をもって、コロナ禍…

続きを読むread more

紅葉の京都御所の参観へ

先日の愛知県名古屋市にある名古屋城を行ったあとは、当分、他府県には行かず、京都の紅葉巡りに専念します😊と言っても、毎年行っているお馴染みの寺院しか行きませんが😊。 11月15日(火)は、毎月一回の所用のため、京都御所の近くまで来たので、そのついでに9時から始まる参観へ京都御所行くことにしました。京都御所の参観も2022年(令和4年…

続きを読むread more

三種の神器の一つ「草薙神剣」を祀る熱田神宮へ

徳川園大曽根口を10時15分に出て、JR大曽根駅に向かいます。以前も利用したと思いますが、記憶がありません。事前に地図で駅の位置は確認してました。 10時25分に「JR大曽根駅」に着きました。ICOCAも使えることを確認していたので切符は買いません。大曽根駅は名鉄にも駅もあるので間違え無いように注意しました。 駅に入ると、2…

続きを読むread more

近世武家文化の名園 徳川園へ

名古屋城の正門を出て、タクシー乗り場からタクシーを利用して、徳川園に向かいました。名古屋城と徳川園との共通券があるのは知ってましたし、2008年(平成20年)11月13日に来た時も、共通券を購入して行った記憶があります。ただ、前途したとおり、入城する時の行列を避けるため、名古屋城には「アソビュー!」で、オンラインチケットを購入した訳です…

続きを読むread more

城郭として国宝第一号に指定された名城 特別史跡 名古屋城へ

復元された名古屋城本丸御殿を見たあと、まだ時間があったので、城内を散策することにしました。 さすが、徳川御三家筆頭の天守閣だけに雄大です。かさねがさね空襲で焼失したのが残念です。 こちらが「名古屋城本丸御殿ミュージアムショップ」で、寄ってみました。このあと、二箇所回る予定にしていたので、ここで土産物は買いません。 名古…

続きを読むread more

空襲による焼失後 忠実に復元された名古屋城本丸御殿へ

名古屋城本丸御殿は、2018年(平成30年)6月から公開を始められ、私は初めて御殿内に入ります。幸運にも、この日の最初の訪問者は私で、この時、9時5分でした😊。 名古屋城本丸御殿は、尾張藩主の住まいとして徳川家康の命により1615年(慶長20年)に建てられました。1634年(寛永11年)には将軍のお成御殿として上洛殿が増築され、格…

続きを読むread more

天守閣の木造復元を進めている御三家筆頭尾張徳川家の居城として栄えた名古屋城へ

10月26日(水)に、西国三十三ヵ所札所巡りで、第四番槙尾山施福寺に行き、残り那智山青岸渡寺だけとなりました。我が家から紀伊勝浦への日帰り旅行は、無理をしたら可能ですが、せっかく行くなら熊野三山にもお参りしたいので、一泊旅行でと考えており、暫く先になりそうです。そこで、久しぶりにお城巡りでもしようかなぁと、大坂城にでも行く予定にしてまし…

続きを読むread more

「京都嵐山 花のいえ」へ

嵐山は渡月橋近くの角倉以の旧趾にあるのが「京都嵐山 花のいえ」です。公立学校共済組合嵐山保養所で、宿泊だけではなく、京料理のお昼がいただけるので、10月21日(金)に一休.comで予約して行きました。 ここには何度か来てますが、食事に来たのは初めてです。混雑している渡月橋周辺よりは、空いています。 11時18分に着いてしまい…

続きを読むread more

槙尾山登山口の入口にある「満願滝弁財天」へ

槙尾山施福寺から山を降りてきて、行きの時から気になっていた「満願滝弁財天」に寄りました。 施福寺(槙尾寺)の関連かなぁと思い来て見た訳です。 帰りのバスの時間の都合で、時間が無いので急いで見て回ります。 こちらが「弁財天本堂」のようです。神社なら本殿では無いのかなぁ・・・?。 由緒書きが無かったので、調べると奈良…

続きを読むread more

西国三十三ヵ所 第4番札所 槇尾山 施福寺(槇尾寺)「秘仏馬頭観音」特別拝観へ

西国三十三ヵ所 第4番札所 槇尾山 施福寺(槇尾寺)にお参りするため、険しい山道を約30分かけて登り切り、暫く休憩してました。途中で、ジャンバーを脱ぎましたが、休憩中に寒くなってきたので再び来て、呼吸を整え本堂に上がることに。 10時33分に「本堂」に上がり、堂内向かって右手にある「納経所」で御朱印いただきました。 遠路遙々…

続きを読むread more